火災保険が「無効」になるのはどのような場合?払った保険料は返してもらえる? - 火災保険の加入中 - 保険相談 見直し.jp - 千葉 (成田市・千葉市・浦安市・市川市・佐倉市・船橋市)

HOME > 目的別保険相談 > 火災保険が「無効」になるのはどのような場合?払った保険料は返してもらえる?

火災保険の加入中

火災保険が「無効」になるのはどのような場合?払った保険料は返してもらえる?

2018年06月14日

【ご相談事例】

火災保険が「無効」になるのはどのような場合ですか?
払った保険料は返してもらえますか?

【ご回答】

火災保険が無効になるのは以下のようなケースが想定される場合です。

1.保険金の不正請求が疑われる場合
たとえば、火災保険を契約した建物などに自ら放火して保険金をだまし取ろうとした場合などのモラルリスク(不正な保険金請求を行うリスク)が潜んでいる場合

2.火災保険の契約の際にモラルリスクを誘発しかねないと考えられる場合
火災保険の保険金を不法に取得する目的、または第三者に保険金を不法に取得させる目的で火災保険を契約した場合

火災保険の契約が「無効」になると、火災保険の契約は成立していなかったことになり、すでに保険料を支払っている場合でも保険料は返還されません。

なお、火災保険の契約時に詐欺または脅迫によって契約を締結した場合には、保険会社は契約者に対する書面による通知をもって契約は「取消し」となり、その際の保険料も返還されません。

また、火災保険の契約時に告知義務違反や通知義務違反、保険料不払い(保険料の分割払いにおける保険料未納の場合など)、重大事由などの場合、保険会社は保険契約の「解除」ができ、解除の場合には未経過期間に対して保険会社が定める計算方法で算出された保険料が返還されます。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
まなびー'Sカフェ
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 小坂 勉

運営会社情報

株式会社 ソフィアブレイン ソフィア保険事務所
株式会社 ソフィアブレイン ソフィア保険事務所

営業時間/
月~金曜:9:00~17:00

千葉支店
〒263-0043
千葉県千葉市稲毛区小仲台
2-4-10 ピアテンビル4F

TEL/ 043-216-4681
FAX/ 043-216-4682

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

1999年~2006年・2009年・2011年~2012年 東京海上日動火災保険株式会社 全国専業代理店年間表彰制度入賞

2000年~2008年・2010年~2012年 メットライフ生命保険株式会社 全国年間表彰制度入賞

2003年度 超保険 増収額全国 トップ

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。